パグ犬 おきゅきゅの肉きゅ~

虹の橋のたもとへと旅立ったパグ犬おきゅきゅ&Chacopeeの徒然日記

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

おきゅー永遠の眠りにつく…



10月6日(火)2時20分頃、免疫介在性溶血性貧血の為
おきゅーは虹の橋のたもとへと旅立ちました。
13歳4ヶ月でした。





おきゅーの死に顔は、いつものようにお昼寝してるような感じだった。
いつの間にかペロッと出るようになった舌も
そのまま少し出ているままで…。
泣きながら、冷たく硬くなっていくおきゅーの体をさすった。
だけどおきゅーは二度と目を覚ますことはなかった。

あっという間に逝ってしまったから
もうすぐ二七日がくるけど、未だに信じられなくて
でもいつもの場所におきゅーの姿はないから、現実なんだよな…。





いつも散歩で歩いた道を歩いてたら
今日もまた涙が出てしまったよ。
夕暮れ時に散歩してるワンコの、爪をならして歩くあの音も
懐かしくて胸がキュッとなるよ。

おきゅー…おねねはまだまだ悲しくて涙が出てしまうよ。
いつかはお別れがくるとは分かってはいたけど
まだ少し先のことだと思ってた。
まだまだ一緒にいれると思ってた。
だけどあっけなくお別れはきてしまった…。

おきゅー…もう辛くない?苦しくない?痛くない?
13年4ヶ月、一緒にいてくれてありがとう。
おねねはずーっとおきゅーが大好きだよ。
ずーっと忘れないよ。





Iさんのブログの記事に載ってたRainbowBridgeと書かれたイラストに、凄く心を奪われた。
虹の橋のたもとで、見つめあう女性とパグちゃん。
自分と重ねてしまう…。
いつか虹の橋のたもとで再会できますように。







放置の期間も長くありましたが…
仲良くしてくださった皆様、今まで本当にありがとうございました。
web拍手

| 免疫介在性溶血性貧血(IMHA) | 03:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |